オイルクレンジング 欠点

オイルクレンジングの欠点って?

今は、オイルクレンジング全盛時代。ほとんどに人は、オイルクレンジング剤を使ってますよね。

とくに、ウォータープルーフのマスカラなどは、他のクレンジングでは落ちにくいですし、肌の上で、乳化して、メイクとすぐになじみ、洗い流すとさっぱり。

さすがに、使用感は最高です。

ですが、最近「脱オイルクレンジング」を唱える人も多いのも事実。

オイルクレンジングがいくら完璧といっても、お肌に合わないという人もいるんです。

では、最高!と思える、オイルクレンジングに、欠点はあるのでしょうか?

いくつか上げてみます。

  • お肌に必要な油分まで奪ってしまうので、お肌に負担がかかることがある
  • 乾燥しやすい
  • 毛穴に詰まりやすい
  • 黒ずみやニキビの原因となることもある

ミルクタイプやクリームタイプ、ジェルまでもも、結局はオイル分が含まれているものも多いとか。

特に、ニキビに悩まされている人は、オイルクレンジングは避けた方が良いといわれますよね。

では、オイルが合わないとすれば、どんなクレンジングを使ったらよいのでしょうか?

私自身、いろいろ試しましたが、メイク落としの実力、洗った後のモチモチ感など、総合的に評価して、

私が使って、良かったノンオイルのクレンジングはこれです>>